介護リフォーム|身体能力に合わせたストレスフリーな生活

  • ホーム
  • 介護リフォーム|身体能力に合わせたストレスフリーな生活

安全なお住まいで、安心な暮らしを~介護リフォーム~

一般的な住宅は、廊下に手すりがなかったり、いたるところに段差があったりと、介護が必要な方や、介護を行う方にとって大きな負担となるつくりになっていることがほとんどです。こうした住宅環境を改善し、介護する側・される側の双方にメリットを生むのが介護リフォームです。

練馬区で50年以上にわたりリフォーム施工を行ってきた上杉設備では、専門知識を持つ福祉住環境コーディネーターが、実際に住まわれる方に寄り添ったご提案を行い、安全・安心なお住まいをおつくりします。

安心介護リフォーム

安心介護リフォーム

ご家族の方に介護が必要になった場合、バリアフリー化をはじめとしたお住まいの介護リフォームは緊急的な課題となります。そこでぜひ利用したいのが、介護保険と助成金の制度です。

介護リフォームに適用される助成金

介護保険を利用すれば、要支援・要介護認定を受けた方を対象にした、手すりの取り付けやバリアフリー化(段差の解消)の改修費用を受け取ることができます。以下の表は、練馬区における助成金の受給対象者と住宅、改修内容をまとめたものです。

受給対象者と対象住宅
対象となる方
  • 要介護認定または要支援認定を受けた被保険者のうち、居宅で生活される方
  • 住宅改修の着工日の時点で、被保険者資格を有していて介護認定の有効期間内であること
※着工前に申請し、承認を受ける必要があります。承認前に着工した工事は対象外となります
対象となる住宅
  • 被保険者が現に居住する住宅であること
  • 住宅の所在地が練馬区内であること
  • 原則として本人の住民票の住所がある住宅であること
  • 継続的な居住が見込まれること
対象となる改修内容
住宅改修の種類 内容
手すりの取り付け 廊下やトイレ、浴室、玄関などに、転倒防止、移動、または移動のための動作を容易にするための、手すりの設置
段差の解消
(バリアフリー化)
居室や廊下、トイレ、浴室、玄関などの各室間の段差や傾斜および、玄関から道路までの通路などの段差や傾斜の解消
滑り防止や移動の円滑化などを目的とした床や通路面の張り替え
  • 畳からフローリング・ビニール系床材への変更
  • 浴室床材の滑りにくいものへの変更
  • 通路面床材の滑りにくい舗装材などへの変更
扉の引き戸などへの
取り替え
扉全体の取り替え(開き戸から引き戸、折り戸、アコーディオンカーテンなどへの変更)、扉の撤去、ドアノブの変更、戸車の設置、扉を開く向きの変更
洋式便器などへの
取り替え・改修
  • 和式便器から洋式便器への取り替え
  • 既存便器の高さや位置の変更
※高齢者自立支援住宅改修給付(設備改修)と併用可能
上記住宅改修に
付帯する工事
1. 手すり取り付けのための壁の下地補強
2. 浴室の床のかさ上げにともなう給排水設備工事
3. 床材変更のための下地補修や根太(住宅の床を張るための下地)の補強
4. 扉の取り替えにともなう壁や柱の改修工事
5. 便器に取り替えにともなう給排水設備工事(水洗化、簡易水洗化工事を除く)、便器の取り替えにともなう床材の変更

※新築または増改築は、住宅改修費の支給対象にはなりません
※上記住宅改修は、転倒予防、行動範囲の拡大、介護の軽減などをとおし、被保険者の日常生活動作の困難を軽くし、在宅生活の確保を図ることを目的としている必要があります

支給対象となる工事費
  • 要介護度にかかわらず、1住宅に付き、工事費の上限20万円
    (ただし、複数の被保険者がいる世帯は、人数ごとに上限20万円)
  • 20万円の範囲内であれば、自己負担はその1割
  • 支給方法は、以下の2種類
償還払い 改修工事にかかる費用全額を施工業者に支払い、施工完了後に保険給付分(対象額の9割)を区から受け取る方法
受領委任払い 工事にかかる費用のうち、自己負担分(1割)のみ、施工業者へ支払い、保険給付分(9割)の受け取りを業者へ委任する方法。一時的にも是額負担するのが困難な方が対象となります
Pick Up!工事費20万円以上のリフォームでもご安心ください

「もしも工事費が20万円以上かかったら……」と心配されている方も、上杉設備にお任せください。当社なら、練馬区の「住宅修築資金融資あっせん」のご案内やリフォームローンのご案内が可能です。

キッチン・浴室・トイレなどをリフォームも行いながら、よりよい介護環境を整えようとすると、介護保険の助成金だけでは不足する場合がほとんどです。このような場合も、専門知識を持つ福祉住環境コーディネーターが分かりやすくご案内しますので、どうぞご安心ください。

福祉住環境コーディネーターによる介護リフォーム

福祉住環境コーディネーターは、ご高齢の方やお身体が不自由な方に対し、豊富な介護知識をベースにして住みやすい住環境をご提案する専門家。建築・医療・介護・福祉、それぞれの役割を理解することで、要介護者やそのご家族の立場に立った住環境整備のご提案ができます。

介護リフォームは福祉住環境コーディネーターのいる上杉設備へ

介護する側もされる側も笑顔になれる安心の介護リフォームなら、練馬区の上杉設備にお任せください。福祉住環境コーディネーターの資格を持つ女性スタッフが、お客様に寄り添った女性目線のご提案で安心の介護リフォームをご提案。要介護者の自立性を促すとともに、介助者の負担軽減も同時に叶える介護リフォームを実現します。